So-net無料ブログ作成
ライブ&演劇鑑賞記 ブログトップ
前の5件 | -

「ブロードウェイと銃弾」(2/11昼@日生劇場) [ライブ&演劇鑑賞記]

この前の日曜日は・・・

resize1265.jpg

「ブロードウェイと銃弾」のミュージカルを観に行ってきました。

福田雄一作品は好きなんだけど、ミュージカルが苦手・・・
で、今回の作品は悩みましたが、やっぱり観ることに。

見終わった感想ですが、ミュージカルが苦手なのは克服できませんでした(汗)。
前回観た福田さん演出の「ヤングフランケンシュタイン」もミュージカル作品で、
あれは初心者でも取っ付きやすく、面白かったのでいけるかなと思ったのですが・・・。
今回は、日生劇場ということで、あんな風に羽目を外せなかったのかなぁ?

それでも、観ていて「ミュージカルっていいな」と思ったところもありました。
例えば、オーケストラの生演奏や華やかな衣装や照明、そしてタップダンスです。
タップダンスは城田優さんが言っていましたが、相当練習したみたいです。

ユーミンの舞台(朝陽の中で微笑んで)もそうでしたが、
日生劇場や帝国劇場でするような舞台は自分には合わないんだなぁ…
ということが今回分かったのが収穫でした(汗)。



共通テーマ:演劇

「近松心中物語」(1/21@新国立劇場中劇場) [ライブ&演劇鑑賞記]

昨日は・・・

resize1243.jpg

「近松心中物語」を観に行ってきました♪

劇団☆新感線主宰いのうえひでのりさんが演出をする舞台を観るのは久しぶりでした。
“心中”という題からして「悲恋で、終始重苦しい雰囲気なのだろうなぁ…」と
予想していましたが、そこはいのうえさん、笑いも随所にあり重苦しすぎませんでした。

堤真一さん&宮沢りえさんと、池田成志さん&小池栄子さんの男女二組の物語で、
堤真一さん&宮沢りえさんの美しい死に方をした二人よりも、
池田成志さん&小池栄子さんの不格好な末路をたどった二人の方が心惹かれました。

伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」の小説の台詞に、
「無様な姿をさらしてもいいから、とにかく逃げて、生きろ。人間、生きててなんぼだ 」
とありましたが、池田成志さんの与兵衛の後ろ姿を見て思い出しました。

心の機微を表す赤い風車やクライマックスの雪のシーンがとても美しくて、
その余韻が今も心に残っています。



共通テーマ:演劇

B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” (1/8@東京ドーム) [ライブ&演劇鑑賞記]

昨日は・・・

resize1234.jpg

B’zのライブに行ってきました♪

「DINOSAUR」のツアータイトルどおり、セットがジャングルのようで、
二人の衣装もちょっと探検隊っぽい感じでした(?)。
稲葉さんは常々シンプルな黒の衣装よりも、ざっくりとした茶系の衣装が似合うと
思っていたので、今回の衣装はとても良かったです(でも、途中で黒に変わった…)。
松本さんの衣装はいつもお似合いなので、今回も文句はありません。

今回の選曲はニューアルバムがメインで、その他も少しマニアックな曲が多かったです。
でも、その分久しぶりにライブで聴けた曲も多くて楽しめました。

MCで稲葉さんが
『“DINOSAUR”には、「恐竜」の他に「時代遅れのもの」といった意味もあるけど、
新しいもの・古いものと区別するではなく、今までの経験を活かして、
今、自分たちがやりたいものや好きなものをずっと続けていきたい』
というようなことを話していました。

「DINOSAUR」は、B’z通算20枚目のアルバムだそうです。
自分たちのやりたいものを続けながらも、こうして多くの人に支持されるのは、
決して独りよがりにならずに「ファンのために」という想いがあるからなんだなぁと
昨日の二人のパフォーマンスを観て感じました。

年の初めにパワフルなB’zのライブを観られて、良いスタートが切れそうです♪


MIKA NAKASHIMA FULL COURSE TOUR 2017~YOU WON’T LOSE~(12/29@Bunkamuraオーチャードホール) [ライブ&演劇鑑賞記]

昨日は・・・

resize1230.jpg

中島美嘉さんのライブに行ってきました♪
今回は、「フルコースツアー」というタイトルのとおり、盛りだくさんの内容でした。

中島美嘉さんと言えば、「雪の華」の静かなイメージがあるかも知れませんが、
意外にロックテイストの曲も多いんですよね。
さらに、今回はメンバーにギタリストの蘭丸さん(土屋公平)さんが加入していたので、
ゴリゴリでギンギンの(?)ロックなライブになっていました。
しかし、繊細な曲では表現豊かにその曲の世界観を体現して、
陰と陽のギャップを存分に魅せてくれました。

途中、体調が悪くなってしまい、アンコールが観られず、
ファンの方が作った上の写真の紙を掲げて、美嘉さんにサプライズをするという企画に
参加できなかったのが残念でした(泣)。
だから、この場で言わせていただきます。
“美嘉さん、昨日は素敵なフルコースライブ、ごちそうさまでした!”


共通テーマ:音楽

「朝陽の中で微笑んで」(12/19夜@帝国劇場) [ライブ&演劇鑑賞記]

昨日は・・・

resize1229.jpg

「朝陽の中で微笑んで」の舞台を観に行ってきました。

「ユーミン×帝劇」の第三弾で、今回初めて観たのですが、
ユーミンのコンサートの中に演劇が入ってる or 
演劇の中にユーミンのコンサートが入っているような不思議な舞台でした。

歌の部分は、ユーミンのコンサートらしい光と映像とダンスの演出が美しく
惹きつけられるものが多くありました。
演劇の部分は、ストーリーがちょっと単調&冗長気味で、
テーマも今ひとつ共感しづらかったです(キャストの方の演技はとても良かったです)。

最後のMCでユーミンは、
「ここに立っている俳優もミュージシャンも歌手も“プレイヤー”と言われます。
これからも皆さんの心に残るような作品を作っていきたい」
というようなことを話し、アンコールの曲では感極まっている感じでした。

今日が千秋楽なので、キャスト&スタッフの皆さん無事に最後を迎えられますように☆


前の5件 | - ライブ&演劇鑑賞記 ブログトップ