So-net無料ブログ作成

NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』(11/22@東京芸術劇場) [ライブ&演劇鑑賞記]

この前の木曜日は・・・

resize1571.jpg

NODA・MAP第22回公演『贋作 桜の森の満開の下』を観に行ってきました♪

いつもNODA・MAPの公演は難解で、話についていくのが必死なのですが、
今回のはいつもにも増して・・・訳が分からなかったです(涙)。
「壬申の乱」が絡んでるのは分かったのですが、深津絵里さんの役は
一体誰で何が目的だったのか?それが最後まで分かりませんでした。
(パンフレットも買ってないので…汗)

それでも、桜満開のラストシーンで妻夫木くんが一人たたずむ姿に
心が揺さぶられ、涙まで出そうになったのですから、
これ(話が分からないのに感動できる事)って凄い事なんだなぁと思いました。

キャストは、妻夫木聡、深津絵里、天海祐希、古田新太、秋山菜津子、
大倉孝二、藤井隆、村岡希美、門脇麦、池田成志、銀粉蝶(敬称略)
と豪華で(天海さんが3番手と言う驚き)どの方もハマっていたのですが、
その中でも深津さんの陰と陽の演技が光っていました。

話は訳が分からなかったですが(汗)いつもながらアッと驚く演出は健在で、
さすがNODA・MAP、日本の演劇の美しさを魅せてもらいました。
今回はパリ公演もあったので、きっとフランスの皆さんにもこの公演で
「日本の美」が伝わったのではないかなと思います。

また、来年の秋にもNODA・MAPの新作があるらしいので、
次回は少しでも話についていけますように・・・(願)。




共通テーマ:演劇