So-net無料ブログ作成

「キネマと恋人」(6/20@世田谷パブリックシアター) [ライブ&演劇鑑賞記]

昨日は・・・

resize1703.jpg

「キネマと恋人」の舞台を観に行ってきました。

初めてケラリーノ・サンドロヴィッチさん演出の舞台を観ましたが、
丁寧で内容が入ってきやすかったので、3時間半集中して観ることが出来ました。

とにかく緒川たまきさんが素敵でした。
高校生の頃から好きだった女優さんですが、こうして何年もの時を経て、
生で近くで観ることが出来て、私も緒川さんが演じるハルコが妻夫木くんが演じる
映画俳優の高木高助を観てうっとりする気持ちになれました。

この作品は、ウディ・アレンの映画「カイロの紫のバラ」にインスパイアされ
作られたそうですが、私はその映画を知らなくて・・・(汗)。
で、そんな私がこの作品から感じたのは「ローマの休日」でした。
舞台は日本の架空の島で、設定も男女逆なのですが、
華やかな世界と現実世界、観た人誰もがふたりが一緒になれればいいのに…
と思わずにいられないところが彷彿とされました。

演劇作品は、内容が暗かったり重かったりすることが多いのですが、
この作品は登場人物が活き活きとしていて、ラストはとても切ないけれど、
観ていて温かく幸せな気持ちになれる稀有な舞台でした。


共通テーマ:演劇