So-net無料ブログ作成

「魔界転生」(11/11@明治座) [ライブ&演劇鑑賞記]

昨日は・・・

resize1556.jpg

魔界転生の舞台に行ってきました(ネタバレあります)。

戦で死んだ者たちが「魔界転生」という再生の術によって蘇る・・・
という突飛な話なので、あまり深く考えずに観ることにしました(汗)。

第一幕では、打ち首の映像や首そのものがいっぱい舞台に転がっていたり、
魑魅魍魎がうごめき、映像がおどろおどろしかったりして、
ホラー嫌いの私はひたすら目をつむって必死で耐えることになりました(汗)。

第二幕では、ホラー色が薄まり(?)、映像よりも実際の殺陣のシーンが多くなり、
目をしっかりと開けて見られるように(汗)。
特に、上川隆也さんと松平健さんの柳生親子の殺陣のシーンは迫力があって、
一番見入りました。

最後に、「めでたしめでたし」と終りそうなところに、
上川さん演じる柳生十兵衛と藤本隆宏さん演じる宮本武蔵の死闘があり、
「もうこの道でしか生きられない」とあきらめに似た境地になる
柳生十兵衛の姿が心に残りました。

4時間という長丁場の舞台で「この上演時間中に皆さまはグアムに行けます」と
終演後に上川さんがおっしゃって会場は笑いに包まれましたが、
それを一日2公演される役者さんの体力と集中力には頭が下がります。
12月の大阪公演まで、どうか無事に完走できますように。



共通テーマ:演劇